MONO 語り zero / Infinity

MONO がたり のはじまりは... 空間の歪みのなかに、

それらを封じ込めた時からはじまった。

180度の人生転換など、そうそうありはしない筈が

 それは、まるでトールハンマーが振り下ろされたように 

ぼくと、彼女の頭上に堕ちて来た。 

 彼女のいう『おでこ通信』を、初めて行ったときに 

彼女は、ぼくのブレインという暗幕に映し出された 

この世ではみかけない、いくつかの記号らしい形を

見いだした。

 カミもペンも用意していないという、

とんまでお間抜けな試み の始まりは、焦りとともに、

未知の領域をかいま見た秘密の儀式 のようで、

ぼくは興奮を隠しきれなかった。 

ぼくのブレインの暗幕は、まるでちぃさな宇宙空間

のように 遠近感がはっきりしていて、3Dの映画を

みているようだと 彼女は言ったのだった。

0コメント

  • 1000 / 1000