MONO 語り 2 / Infinity


そうして、だらしない眠りが毎日の午後になると襲ってきて

不眠が辛かった長い年月のことを、かえって『まし』なこと

のようにさえ感じるようになってきた。

それなのに、どうやらぼくは、安眠しているのではないらしい。

ふと気がつくと、彼女の二本の指が、ぼくの眉間に触れられていた。

ありがちに眉間に皺を寄せて眠っているらしく、

彼女はその縦に並ぶ

二本の皺を伸ばしてくれていたのだった。

『ヒトって、その表情で印象の善し悪しが決まるからさぁ。

眉間の皺、伸ばしてあげてるのよ....』

二本の皺が薄くなるまで、彼女の二本の指は

ゆっくり

ゆっくり、ぼくの眉間を行き来していた。

『ほら!皺が消えたよ。』

とても嬉しそうに、彼女の声が優しく響いた。

それでも、まだ

ぼくはけだるい眠さから解放されきらず、そればかりか

最近、すこしづつ

わけのわからない痛みが身体中をかけめぐるのを、いぶかしく思っていた。

Knight Walker

夜を往け......

0コメント

  • 1000 / 1000